婦人科初診・子宮がん検診・服装は?

スポンサーリンク

望めば妊娠できると思っていたあの頃…

 

~婦人科初診~

(約2年前のことを振り返って書いています)

 

初めて婦人科へくのは少し緊張しました。

問診票を記入し、受付を済ませます。

 

フロアには妊婦さん、付き添いで来ているお母さんや旦那さん

私と同じようになかなか妊娠できなくて妊活していそうな方

産後1ヶ月検診でいらっしゃった方

いろんな方がいて結構混んでいました。

 

妊婦さんのバッグにはおなかに赤ちゃんがいますのマタニティマークを付けている方が多く

私も付けれる時がくるといいなーと思いました。

ユカソ
ユカソ

妊活を経験した方だとあるあるですよね?

順番を呼ばれるのを待っていると

放送があり「お産が入りましたのですこしお待ちください」と…

そんなこともあり、予約時間よりだいぶ経ってから順番が来たのを覚えています。

 

私が受診した病院の主治医は男性の方でした。

ユカソ
ユカソ

女性医師の方がいいという方もいらっしゃると思いますが、私の場合は同性より男性(おじさん)の方がなんか気が楽でした(笑)

こちら側と医師側がカーテンで仕切られていて

用意をし、ついにあの台デビューです!( ̄∇ ̄)

ユカソ
ユカソ

服装はスカート・パンツスタイル脱ぎ着しやすい服装であればどちらでも大丈夫だと思いました☆

採血に備えて腕を出しやすい服装もオススメです!

不思議と羞恥心はそんなになく

「はやく終わらないかなー」と考えていました。

検査は結構すぐ終わり、結果は後日。

(後日結果が届き、異常なしで安心しました!)

 

妊娠希望の旨を伝え、まずは基礎体温を測ることに!

その日はプラノバールを処方してもらい

太郎
太郎

プラノバールは、黄体ホルモンと卵胞ホルモンを補うことにより、これらのホルモンバランスを整え、月経周期および量の異常、月経時の諸症状などを改善するものだよ。

つぎは月経がきたら7日目に卵管造影をしましょう!となりました。

 

この日のお会計は¥3,680ーでした。

 

ユカソ
ユカソ

卵管造影って痛いって噂の検査やんー。

帰ってすぐに卵管造影感想などいろいろ検索したのはいうまでもありません(笑)

つづく…☆

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました