土地決定!工事請負契約。家を建てるなら増税前?増税後?

 

 

前回記事↓

住宅ローン事前審査2回目。申込証拠金を支払う?

 

 

また土地探しからです。

この頃、情報サイトに載っている土地には結構詳しくなっていました(笑)

 

太郎
太郎

家を建てるとなると

打ち合わせ回数は結構な回数に

なることも多いから

家から無理なく通える場所に

不動産屋があるのも大事な事だね!

 

 

気になる土地があれば

時間がある時に、実際に見に行き

周辺の環境はどうか?などを

確認しに行きました。

 

ここいいんじゃない?という所は

何ヶ所かあったのですが

車が入るのにギリギリの道の細さだったり

地目が宅地以外だったり

古家があったりと…

ここ!という所はなかなか見つからず。

 

 

そんな中でも

最終的に候補を2つに絞ろうとしていた頃

時は3月31日

 

 

工事請負契約

3月31日までに契約しないと

消費税8%が適用されないのです!!

 

てっきり私は

9月末までに、引き渡しが完了すればいいと思っていたのですが、それは建売の場合なんですね。

木村さんがこの事を教えてくれたのは

3月31日当日でした。

 

ユカソ
ユカソ

木村さんよ!

もっと早くにその事を

教えといて欲しかったよ!(-_-)

知らなかった私が悪いのか?

いや、もっと早くに

教えてくれてもいいですよね。

 

 

結局

候補の一つは土地の形状的に

家が入らない。と言われてしまったので

消去法で土地候補は絞れたのですが

 

その土地はというと…

当初の予算の倍の1千万円!!

我が家にとっては大金です。

 

1千万円というだけあって

広さ、立地、利便性も良いんですが…

少し気になる点もありました。

即決できなかったのは

やはり金額の部分が大きかったです。

 

 

今日中に決めて契約しないと

消費税の差が2%とはいえ

仮に、工事代(建物代)や諸費用が

1,500万円だとしたら…

30万円の差額があります。

30万円あれば、家電も結構いろいろ買えちゃうし…

もう少し待って土地を探すべきか…

どうしよう。

 

 

 

夫婦で悩んで話し合った結果

金額ははりますが

この土地に決めました!!

購入申込書に記入します。

 

太郎
太郎

消費税の差額があるとはいえ

大きい買い物だから

焦って契約しないことが大事だよ!

すまい給付金など、住宅取得者の

負担を緩和してくれる制度の

増税後の額なども確認して決めてね。

 

 

 

 

工事請負契約

 

平屋の重要事項の説明は

建築士でないといけないらしく

急遽、建築士の方が来てくださいました。

 

重要事項の説明を受け

契約書にサイン・捺印します。

 

太郎
太郎

説明が長くて

集中力がなくなってきたり

用語が難しくて、分からないことも

あるかもしれないけど

疑問に思ったことは

必ずその場で確認してね!

 

 

本来は土地契約が先です。

我が家はイレギュラーなので

工事請負契約は、しっかり納得してから契約してくださいね

 

 

 

事前に支払っていた

申込証拠金30万円を手付金に

工事請負契約書に

収入印紙1万円分を貼って

 

重要事項説明書類・領収書をいただき

この日は終わりです。

 

 

 

いやー結構時間がかかりました。

(本来、預り証をこの場で回収されるはずなんですが、木村さんはしばらく経ってから気づき、回収にきました…。

この頃から、大丈夫かよ木村ーー(-_-;)と

不信感が募りはじめます。。。

 

ユカソ
ユカソ

記憶って結構曖昧なので

いつ打ち合わせをして

どんな内容だったのか

メモされることを

ススメします!

 

 

 

次回、土地契約

土地契約!手付金はいくら必要?持参するものは?

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました