白状します。私、6年間寝てばかりいました。子なし専業主婦の悩んだ日々。

 

白状します。

私ユカソ、寝てばかりの6年でした。

 

結婚を機に仕事を辞め、専業主婦になり

気付けば早6年。

子どもはすぐできるだろう。と思っていましたが、なかなか授からず…子なし専業主婦歴はや6年。 (不妊治療中)

寝てばかりいたといっても

そりゃあ家事はほどほどにしてきましたし、色々あったといえば、ありましたよ?(笑)

 

このままではダメだ!と

職を探したり、趣味を見つけようと編み物などにトライしたり

図書館で自己啓発本を借りてきたり

ユカソ
ユカソ

人生に迷った時って

自己啓発本に

手をだしがちですよね?

ネットで

・人生変えた出来事、転機

・やりたいことを見つけるには

など、検索したりして…

ユカソ
ユカソ

あれ?私病んでる?笑

この6年

子どももいないのに、働かないでいていいのだろうか?

結婚をして家事はしているけれど、ニートと変わりはないんじゃないか?

とくにやりたい事もないし、私って…

など、別に誰かから責められたとか

嫌なことを言われたとかではないんだけど

世間からそういう目で見られている気がして、勝手に自分を責めたりして。

子なし専業主婦に後ろめたさを感じていました。

 

起きてたら色んなことを考えてしまうし

とくにこれといってやりたいことも無いし

寝てる間は、何も考えなくていい。

元々寝ることが好き。

ユカソ
ユカソ

のび太くんも

“あったかいふとんで

ぐっすりねる!

こんな楽しいことがあるか”

と言っています!笑

という訳で…

ほぼ毎日お昼寝。

ヒドイ日は夫を見送ってから二度寝。

そしてまたお昼寝。

そんなユカソが完成しておりました。

次郎
次郎

という訳で…

そんなユカソが

完成しておりました。

じゃねーよ!

 

働けよ!!

それは自分でもよーーく分かってるんです。

甘えと言われれば、それまでなんですが

それぞれ色々あるんです。

 

動けていない時間が長くなればなるほど

再スタートが難しくなる。

これは当人が一番よく分かっていると思うんです。

けれどこれは、その人だけの問題ではくて

社会や色んなことが影響しているのだなと痛感しました。

 

 

日本の社会って

結婚するのが普通

結婚=こども

結婚=男女

学校を卒業したら就職

みたいに、小さい頃から押し付けられた価値観ってありますよね。

私もこれがふつう。

子育てもしてないのに、働かないで肩身が狭い。みたいに思ってしまっていた自分がいます。

ふつうなんて、その人が育ってきた

すごく狭い世界でしかないのに。

 

 

 

寝る時間が多かったとはいえ

この6年間は私にとって必要な時間だったと思います(^^)

 

読書ノートをつけ始め、この先自分の支えになるであろう言葉にたくさん出会えたこと。

人と違うことは自分の強みだと気付けたこと

ひとの痛みが少しはわかるようになったこと

他にもたくさん得たものがあるのです。

 

そしてなにより…

夫

もしお金が足りなければ

バイトでも何でも

稼いでくるから大丈夫でしょ!

と…温かい目で見守ってくれている夫には本当に感謝しています。

ユカソ
ユカソ

か…神なのか。

ユカソ
ユカソ

たまに大喧嘩する日も

ありますけどね?

 

 

読んでくださっている子なし専業主婦のあなた!!

各家庭で様々な事情があると思います。

周りにとやかく言われることもあるかもしれませんが…

夫婦ふたり(愛犬.愛猫)幸せに暮らせているのなら、それで十分じゃないですか。

人は人。私は私。と頭では分かっていても

たまに人と比べてしまう日がある。

そんな日もあっていいじゃないですか!

自分の心の声を大切に、自分らしく生きていきましょう☆

 

 

6年間寝てばかりいた私ユカソ

なぜ、変わろうと思い始めたのか!?

次回、更新したいと思います。

 

ユカソ
ユカソ

この記事書く意味が

あるのだろうか?と

思ったりもしましたが

誰かひとりでも

あー分かる。

私だけじゃないな。と

思ってくれる人に届けばいいな!

と思い書くことにしました。

アナタだけじゃないですよー♡

 

子なし専業主婦、なぜ変わろうと思いはじめたのか?

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました