精液検査2回目・顕微授精

フーナーテスト・精液検査


~精液検査2回目~

 

ユカソ
ユカソ

1回目は保険が適用されましたが

2回目は保険適用外で全額自己負担でした。

約4千円です。※ご参考までに。

 

 

検査当日

この日も旦那は仕事だったので一人で病院に行きました。

先にカップを渡して、検査が終わるのを待ちます。

 

呼ばれて結果を聞きました。

 

結果は前回と変わらず、濃度と運動率の数値が正常値よりだいぶ下回っていました…。

先生「この数値だと自然妊娠は難しいね。顕微授精を勧めます。当院では顕微授精を扱っていないのでトライされるのであれば、紹介状を書きますよ。可能性が0ではないからね!!」

 

先生の話を聞いていて、涙をこらえるのに精一杯でした。

待合室でお会計を待っている時も、妊婦さんを見るといつも以上に辛かったです。

 

簡単な他院のパンフレットを貰い

いつもは次回の予約をして帰るのですが、この日は予約をとらないで

「また予約を入れます」と言って帰りました。

 

帰り道もなんだかボーっとして無です。

旦那が帰ってきたらなんて伝えよう。

 

まだ妊娠できる可能性があるという気持ちと、私たちは自然に授かることはほぼ無理だという現実が入り混じって複雑でした。

落ち込んでいても何も進まないので、まずは顕微授精について調べることにしました。

 

調べてみると、費用は安くても約30~40万円。

住んでる地域や病院によって金額もバラバラで100万円かかったという人も…。

 

私の住んでいる地域では、助成金が初回は条件を満たせば45万円でるということが分かり少し安心しましたが…

回数制限や年齢制限などがあり、少子高齢化という割には、子供を産みたくても産めない人にはまだまだ厳しい社会だなと思いました。

顕微授精にトライしたところで、妊娠できる確約があるわけでもないし

一度で妊娠に至る人もいれば、5回トライしても妊娠できない人もいるわけで…。

子供を授かりたい人からすると、年齢や金銭の問題もあるなかで、次こそ妊娠できるんじゃないか!といつまで治療を続けるかも難しい問題ですよね。

 

 

旦那に結果を伝えたところ、やはりショックを受けているようでした。

金銭の問題もあり、話し合って妊活はすこしお休みすることに。

我が家の妊活状況はざっとこんな感じです。

読んでくださっている方、ありがとうございます!!

この話は約2年前のことなので、このとき~今に至るまでのことを次回更新したいと思います☆

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療体験記へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました